ウーバータクシーの予約方法!日本での使い方と料金は?

タクシー業界の中でウーバーという存在が大きくなっています。

11/13(月)のネットニュースで【ウーバー、ソフトバンクなどによる数十億ドル規模の出資提案承認】とあのソフトバンクがウーバーとの提携に乗り出しているようです。

【ウーバー】という言葉聞いたこともないですよね。

そこで本日は【ウーバー】の予約方法や料金・実際のところを調査しました!

ウーバーの予約方法の流れ

【ウーバー】は今や世界中で使えるタクシーアプリの一つです。現在、日本だと東京都心部と横浜がで利用が可能です。

予約方法

【ウーバー】と検索し、【ウーバー】にユーザー登録!

  1. 車の配車を【リクエスト】します。オプションで、待ち時間、車両のサイズ、料金を確認できます。

  2. 【乗車場所を入力】して【配車リクエストをタップ】します。数分以内にドライバーがお迎えに上がります。

  3. ドライバーの連絡先と車両の詳細がアプリに表示されるので、お迎えの車両に間違いないか確認。

  4. 【お支払い】目的地に到着後、降車してドライバーを評価してください。料金はご登録のクレジット カードに自動的に請求されますので、現金は不要です。

ウーバーの料金・お得情報

料金はタクシーの1割り増しくらいが相場のようです。しかも事前に大まかな料金シュミレーションができます。

例えば、新宿駅・東京駅から羽田空港までの料金は8,100円です。

東京駅から成田国際空港までは27,000円でした。

料金見積もり→https://www.uber.com/ja-JP/fare-estimate/

ウーバーの乗車したことがある人が次の人を紹介するとき【1,500円分の紹介クーポン】が発行されます!

1500円のクーポンが公開されていたURLを見つけましたのでぜひご利用ください!→1500円クーポン

ウーバーとは

アメリカで始まり、今では世界中で利用されているハイヤー(タクシー)の配車ウェブサイト・配車アプリを運営している会社です。

地域ごとの運送を目的に始まった会社で、今ではクラウンなどを使った高級タクシー配車会社のことです。世界70カ国・地域の450都市以上で展開しています。

日本では車は黒塗りのクラウンが多くてハイヤー仕様。とにかくハイヤーに乗れる素敵なシステムです!

ウーバーに乗られる方は実際にウーバーに乗ると『ウーバーに慣れると普通のタクシーに不満を持つ』ことがあるくらい快適に過ごせますよ!

乗車予約のタイミングによって、ハイヤーではなく、ロールスロイスに乗車する機会に恵まれる方もいたそうです。(料金に変更なし)

「黒ハイヤー FREE 画像」の画像検索結果

また、横浜の方では【バイク・自転車のレンタル】や地域に応じて【レストランの食事の配達】をやっています。

まとめ

簡単ですがウーバーの予約方法ついてご紹介しました。

接待でお客様をお迎えに行くときはもちろんですが、自分が出かけるときに少しでもラグジュアリーな感覚を与え素敵な移動時間を過ごすことも良いですね!

日本ではまだまだ認知度は低いですがソフトバンクと提携することで日本への浸透も早そうですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする