香害の疑い?柔軟剤のランキングトップ5を調査

柔軟剤や、洗剤の人工的で過剰な香りに苦しんでいる人が増えています。

良い香りも『量』や使い方を誤ってしまうと周囲に不快さを与えてしまいますね。

エチケットのつもりでつけていたあなたの服の香りが、だれかの健康を奪っているかもしれない。

香害がウワサされている柔軟剤を調べてみました。

スポンサーリンク

香害とは

香りに含まれる化学物質が、めまいや吐き気、思考力の低下を引き起こす化学物質過敏症の原因になっているそうです。
中には、友人や同僚の服についた香りにより、学校や職場にいけなくなるといった、深刻な問題を訴える人もいます。
「人工的な香りをかいで、頭痛・めまい・吐き気などの体調不良を起こしたことがある」
と答えた人がなんと5割を超えるそうです。

1 香りのビーズ系

洗濯で使う香りビーズ一覧

普通の洗濯洗剤に加えて、香り付きの柔軟剤、そしてさらに香水系のビーズを加えると散々な結果になることが・・・。

絶対に投入量を間違えない!!!

このことが何よりも大切です。

 

2 ダウニー

3 ファーファ

4 ダウニービーズ

 

5 フレアフレグランス

まとめ

どれも割と甘い匂いや芳香成分が多く入っていそうですね。

柔軟剤はとにかく入れ過ぎない!使用料を守って使いましょう。

そして、周りの人への配慮を欠かさないでくださいね。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする