キャラ弁作りの道具で100均で買えるおススメの5つはコレ!

お弁当作りをしていると、ついつい手の込んだキャラ弁が思い浮かぶことありませんか?

精巧なキャラ弁を思うと自分が作ったお弁当はなんとシンプルなことか…(笑)

そんな経験がある方に、簡単にキャラ弁ができるお手軽グッズをご紹介いたします!

海苔を使ったものから、どこでも手に入る100均素材で【切る・貼る(のせる)】をメインにご紹介いたします!

スポンサーリンク

人気グッズ

海苔パンチ系

キャラ弁と言えば、おにぎりやごはんに海苔を目などに形に切って乗せるだけでとてもキュートなお弁当ができますよね。

でも、この海苔を切る行為とても苦手な人もいませんか?(笑)そんな方にはこちらの海苔パンチや工作用のパンチがおすすめです。

海苔のパーツをうまく組み合わせればかわいい動物ができ、工作用のパンチを海苔などの細長いものに連続して使えばレース海苔などが作れます!

ダイソーのお弁当グッズ・デコ弁

 

スクラップブッキングやカードのアクセントに!紙用のクラフトパンチです。【アートパンチ(Sサイズ)】

スクラップブッキングやカードのアクセントに!紙用のクラフトパンチです。【アートパンチ(Mサイズ)】

スポンサーリンク

型抜き

こんな細かい作業できない!と思った方には型抜きが簡単!

様々な種類の型が出ていますので少し硬めの野菜やチーズ・ハムを使って型抜きをして、重ねれば使いやすいですよ。その他にも、おにぎり型やシリコンの型を使って、ごはんの形を整えるのもかわいいですね!

 

スポンサーリンク

ピック・バラン

切るのも、のせるのも苦手なあなたには【ピック】や【バラン】がおすすめです!

【ピック 】はできたおかずに刺すだけでとても簡単・手軽なキャラ弁が楽しめます。

【バラン】を使えばおかずとおかずの間のアクセントになり簡単にキャラ弁ができます。

ダイソーのお弁当グッズ・バラン

レタスバランミシンカット[弁当・行楽用品]

SPエントリーで全商品P10倍! 24日09:59までトルネ グリップバラン ファミリー P-2989 (弁当箱 水筒 まんまる堂)

お店:まんまる堂

それいけ!アンパンマン シリコンバラン 4枚入【AR05251】

バラン ラブリーフレンド 12枚入 (電子レンジOK) 【ゆうパケット(メール便)対応】(1通60個までOK!)

LM うきうきピックス 15本

ラブリーランチ プリティピック 15本入【メール便対応可】

【レタス柄のバラン】と【動物柄のピック】を使うとあっという間にかわいいお弁当ですよ!

【楽天市場】バランの一覧はこちら

【楽天市場】ピックの一覧はこちら

スポンサーリンク

ゆで卵型

ゆで上がった卵を100均で売っている専用の型に入れて、少し待つことで、ゆで卵がそのままキャラクターになります!

ただ、湯で終わった卵を型に入れるのでひと手間必要そうですね。ゆで卵だけでなく、ごはん類の型にも使えそうです。

 

ゆで卵の型一覧はこちら

ウィンナー型

お弁当の定番おかずのウィンナー!タコさんにするのは定番で少し飽きてしまいますよね。

茹でた(焼いた)ウィンナーを型に押し付けるだけでかわいいキャラクターが浮かび上がります!

ウィンナー型一覧はこちら

スポンサーリンク

上手に飾る3つのポイント

せっかくパンチしたのに食材を上手に乗せることができないと、とっても残念なお弁当に仕上がってしましますよね。最後の飾りつけの3つのポイントは

  • ピンセットを使う
  • 浮ついてしまう部分は、楊枝の先にマヨネーズを少量つける
  • 時間に余裕をもって!

お弁当作りは時間との勝負なところもありますが(笑)できるだけ余裕をもって作業に当たりましょう!

貝印 kai 飾り切り ハサミ & ピンセット

  

ハサミで切るときは

ハサミで海苔やチーズなどを切るのときは【眉ばさみ】を使うときれいにできます!

特に海苔を切るときは少しパリパリとしたものよりも、室温に5分ほど戻した、少ししっとりした海苔を使うときれいに切れますよ。

チーズなどのハサミにくっつきやすい素材は、ハサミの先を油で薄く塗ったりすると、切りやすいですね。

スポンサーリンク

まとめ

簡単にできるキャラ弁の100均で買える道具をご紹介しました。

ご紹介できたのはほんの一部です。その他にもおかずカップやおにぎりシートなどがありました。

100均だとお金をかけずにいろいろな道具を集められますね。自宅にある道具でも工夫をすれば簡単にできる方法もありそうですね。

キャラ弁といえばリアルなアニメキャラクター!と思いますが、今では簡単にできるものでも十分キャラ弁になりますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする