お麩の原料って何?栄養素・糖質・カロリー・アレルギーについて調査!

お味噌汁やお吸い物を食べていると目に入るきれいな形のお麩。

見た目も華やかにしてくれるし具としてもお手軽で簡単に使えて便利ですよね。

そんなお麩ですが、何でできていてどんな栄養素があるかご存知ですか?

離乳食を進めていくのにアレルギーがあるのかどうか気になりますよね。

本日はそんなお麩について調べてみました!

スポンサーリンク

お麩の原料は?

お麩の主原料はグルテン(たんぱく質)で、 小麦粉に含まれる植物性のたんぱく質のことです。

小麦粉に水を加えて練り、 粘り気が出てきたところを、 布製の袋に入れて水の中で揉みこみ、水で洗い流したまのです。

小麦粉に水を加えて練ることによって、きます。
この粘り気を布製の袋に入れて水の中でも見込むと、小麦粉のでんぷんが流れ出て、グルテンが残るのです。

生麩はグルテンにもち粉を加え、蒸したりゆでたりしてつくります。

焼き麩は、グルテンに小麦粉を加えて焼き上げたものです。

お麩の栄養素は?

お麩は、植物性たんぱく質のかたまりで、たんぱく質である小麦粉のグルテンが分解してできる成分、グルテンペプチドが豊富です。

グルテンペプチドには、鎮痛、血圧低下、胃液の分泌抑制などの作用があるとされるので、血圧の高い人や、胃・十二指腸に潰瘍(かいよう)性の症状がある人におすすめです。

https://www.lettuceclub.net/recipe/dictionary-food/330/nutrition/

また ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛などのミネラルもたっぷり詰まっています。

お麩の糖質は?

お麩の紹介のまえに、ちょっと主食の糖質を見ておきましょうか。数値はすべて100g当たりとなります。

米 36.7g

食パン 44.4g

ラーメン中華麺(生) 53.6g

お麩の糖質について調べてみました。

糖質=炭水化物の量として調べると

生麩  26.2 g

車麩 54.2 g

お麩によってはお米を食べるよりも低炭水化物で高たんぱくということが言えそうですね。

お麩のカロリーは?

一般的な車麩のカロリーは、1個あたり約10gで38.7kcalとローカロリー!

お麩はアレルギー製品なのか?

お麩は【小麦粉】からできているので【小麦粉アレルギー】がある方は十分注意してください。

良い生麩の選び方

一般的には、適当な光沢があり、泡の均一なものが、いい品とされているようです。

車麩は、層の多い品がおすすめです。


保存は、湿気に注意すれば、半年以上可能ですが、できるだけ新しいものを選ぶようにしましょう。

まとめ

お麩の原料や栄養素、アレルギーについて調べてみました(^^)

・お麩の原料は【小麦粉】で、グルテンを限りなく取り除いたもの

・栄養素は豊富でミネラルなどもたっぷり入っている。低カロリー高たんぱく!

・小麦粉アレルギーの方はお麩を食べるのは要注意!

・お麩は長期保存可能ですが、使用はなるべく新しいものを使いましょう。

お麩を上手に使って健康に良い食生活を手に入れましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする